店長日記

自然栽培ササニシキの自家採種・田植えの状況

2021年6月19日(土)


自然栽培に取り組むササニシキ自家採種15年目の田植えから2週間が経過致しました

2020年は7月4日の熊本県南豪雨により、田んぼのなかへ大ゴミや苗の株欠ける・流され。追加での補植も時期をおえていた為、結果ほとんど収穫まで至りませんでした…

その中から今年2021年用に40kgの種(種モミと言う)を残し。今年4月に選別を行い30kgちょっとになり。それを5月のGW後半に種播き(はしゅと言う)を行いました

四角のトレーに薄く種を蒔き。発芽し育ちはじめたものが苗と呼ばれ。四角のトレーが苗床と呼ばれる苗育成場所にて育てられます

その育てられた苗を、田んぼへ植え付ける~田植えは6/5に行われ。それから2週間が経過しました

自然栽培米作りでよく言われる“なんか弱弱しい”と言われるところです

今年苗と苗の間隔を4割程度狭くしました。つまりは4割収穫量が同じ面積あたりでは増える計画になります

土と苗とのかっちゃく(くっつく事)も順調です

この夏の暑さがどうでるのか?楽しみでもあります

コメントする

名前

URL

コメント

店長日記

新規会員登録


カレンダー
  • 今日
  • 店休日

店長日記

ナチュラル・ハーモニー指導の元自然栽培を学び、オーガニックショップ店舗責任者・宅配責任者・生産者指導を10年間勤め独立。店舗展開に重きを置くスタイルでなく、熊本のもつ地方ならではの特色を活かす“農園が店舗”とする無農薬観光農園を軸に自然栽培農産物を手掛けていきます。
耕作放棄地問題・後継者不足そしてTPP問題が避けて通れない以上、志ある有志者と共に自然栽培ライフを展開していきます。
スタッフおよび生産者募集(九州近県)してます。
どうぞ宜しくお願い致します。
店長日記はこちら >>

Yahoo!ウォレット アクセプタンス
マーク

ページトップへ